FC2ブログ

記事一覧

事故発生。

昼間、散歩へ出掛けようと準備をしていたときのこと。





準備万端!さぁ出掛けるよ!





といってドアを開けたとき。ドアの向こう側にいたKiitosの足が

ドアと床の間に挟まってしまいました。







ギャギャギャギャ~~~~~!!!!!!!!!







私も焦りました。勢いよくドアを開けたわけじゃないし、まさかそんな状況になるなんて・・・







「絶対折れた!」





そう思うくらいの叫び声でした。

見てみると、左前肢を引きずって歩いているような状況。



曲げたり伸ばしたり押したり、触ってみても痛がる様子はありませんし、

地面にまったく着けていないという状態ではありませんでした。





ひとまず、「バッキリ折れてる」のではないことが分かり、一安心。





もちろんそのまま散歩は中止して、夕方に先生に見てもらいました。





結果、骨折はなし。



触っても痛がらないので、しばらくは・・・・











「ケージレスト」

(狭い場所へ入れて、基本的に動かさないようにすること)





です。



痛み止めは使いません。痛みを止めちゃうと動いちゃって、治りが

遅くなるからです。





桜を見たくて、ちょっと気が焦っていたのかもしれません。

いつもの調子で、「ここにはいないだろう」という予測が甘かったのかも。



ゴメンねKiitos。





昼間に比べたら、今の方が痛くなさそうなので、たぶん数日すれば

治ると思います!!





さすがに今日は痛いのか、静かですが・・・。





(でも左手使ってるし!)



犬の骨折は、1歳未満で起こることが非常に多いと言われています。

そして、幼犬期を過ぎても、動きが活発になる6ヶ月~1歳半くらいも

骨折が多い時期です。



今回のことは完璧に私の不注意ですが、みなさんも

どうか気をつけてくださいね。













ランキング参加中です♪

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





携帯からはコチラ ↓↓

シェルティーランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dog index Makiko

Author:Dog index Makiko
ドッグトレーナーのMakikoです。
藤沢市、湘南エリアを中心に、「おやつ」を使わない方法で
犬と楽しく暮らすための出張でのドッグトレーニングを行っています。

対応エリア:藤沢・鎌倉・逗子・葉山・茅ヶ崎・平塚・横浜 etc


「イヌと人の笑顔を少しでも増やす!」という目標のために、
バンクーバーへ渡航。
現地のドッグトレーナー養成学校で、「おやつや体罰を使わない」
オーナーさんとイヌの絆をつくる というトレーニング方法を学ぶ。

卒業後はドッグウォーカーや、Dog daycare
(犬の預かり施設)に勤務。
帰国後、動物病院での勤務を経験。
Dog indexドッグトレーナー 神奈川担当として活動中。

関水動物病院(大和市) パピーパーティー
藤沢ゆい動物病院(藤沢市) パピー教室

*動物看護師統一認定機構認定 動物看護師
*愛玩動物飼養管理士
*愛犬飼育管理士

パートナー犬は、2011年生まれのシェルティー。
Kiitos(キートス)♂です。


logo dogindex


trainers.jpg



BLOG_inu.jpg

DVDブログ



月別アーカイブ