FC2ブログ

記事一覧

【胆嚢摘出手術を受けました】治療の記録②胆泥発覚

Dog indexのMakikoです。

2018年11月7日に、胆嚢摘出手術を受けたことをご報告しました。


今日は、キートスに胆泥があることが分かった時のことです。

そもそもの始まりは、キートス1歳の頃。(2012年年末)
健康診断の血液検査で、コレステロール(TCHO)の値が高いことが分かっており、
とはいえシェルティーという犬種ではさほど珍しいことでもないので、
脂質が低めのフードにして過ごしていました。

ところが、事件は突然起こったのです。

災害級の大雪が二週連続で降った、2014年の2月下旬のこと。
突然の嘔吐&黄疸という症状が表れました。

その時の記事はこちら↓

健康は宝。-Kiitosちょっとお休みいただきます- - ドッグトレーナーのブログ "笑顔でKiitos!!”



今思っても・・・変わらなかったこと - ドッグトレーナーのブログ "笑顔でKiitos!!”



この時は、胆嚢が破裂した?!と焦った気持ちもありましたが、
検査の結果としては、胆嚢や胆管というよりは、肝臓そのものに
「何らかの」ダメージがあったと考えるほうが妥当だという結果でした。

ですが、今となっても明確な原因は分かっていません。

様々な検査をする中で、初めて超音波検査を行い、「胆泥があるね」ということが
判明しました。

この時点での胆泥の量は、20~30%程度で、明らかに流動性があるものだったので、
投薬治療で経過観察となりました。

黄疸があり、諸々の血液検査の数値が異常値だったときには
ダルそうにしていたのですが、その後はすぐに元通り、経過観察中に
嘔吐や黄疸など、臨床症状を呈したことは胆嚢摘出手術を受けるまで
1度もありませんでした。


S__45645833.jpg

胆嚢摘出手術に加え、皮膚にできた腫瘤を2か所摘出したキートス。
傷にハーネスが擦れそうなので、服を着せています。

↓↓読んでくださりありがとうございます♪ポチっとクリック、お願いします♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬と子供のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

カウンセリング、レッスンのお問い合わせは → Dog indexのHPからどうぞ!


□■□INDEX■□■□

各種イベント、承ります! 詳細は こちら


◆11月の予定


28日(水)13:00~ 藤沢ゆい動物病院 パピー教室(神奈川県藤沢市)
30日(金)13:00~ 関水動物病院 パピーパーティー&個別相談会&歯みがき教室(神奈川県大和市)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dog index Makiko

Author:Dog index Makiko
ドッグトレーナーのMakikoです。
藤沢市、湘南エリアを中心に、「おやつ」を使わない方法で
犬と楽しく暮らすための出張でのドッグトレーニングを行っています。

対応エリア:藤沢・鎌倉・逗子・葉山・茅ヶ崎・平塚・横浜 etc


「イヌと人の笑顔を少しでも増やす!」という目標のために、
バンクーバーへ渡航。
現地のドッグトレーナー養成学校で、「おやつや体罰を使わない」
オーナーさんとイヌの絆をつくる というトレーニング方法を学ぶ。

卒業後はドッグウォーカーや、Dog daycare
(犬の預かり施設)に勤務。
帰国後、動物病院での勤務を経験。
Dog indexドッグトレーナー 神奈川担当として活動中。

関水動物病院(大和市) パピーパーティー
藤沢ゆい動物病院(藤沢市) パピー教室

*動物看護師統一認定機構認定 動物看護師
*愛玩動物飼養管理士
*愛犬飼育管理士

パートナー犬は、2011年生まれのシェルティー。
Kiitos(キートス)♂です。


logo dogindex

trainer_bnr.jpg



BLOG_inu.jpg

いぬの学校