FC2ブログ

記事一覧

手術から3か月(私のこと)

Dog indexのMakikoです。



今日は、イヌとはほとんど関係ないお話です。





気付けば2月ももう終わろうとしていますが、そういえば11月に「尿膜管遺残」の

手術を受けてから、早3か月が経過していました。

先日帰省したときに、親戚に「体調は大丈夫?」と訊かれて、



“え なんのこと??” と答えた私です(笑)



フィギュアの羽生選手が患ったことから、ほんの少しだけ知名度がアップした

病気ではありますが、マイナーなことには変わりありません。

ですが、おそらく潜在的に悩まれている人は多いのではないかなと思います。



悩んでいる方のために、恥を忍んで私が幼少期から感じていた症状を書きます!



・おへそが痒くなることがある

・謎の液体が出て来ることがある。そしてクサイ。

・へその「底」が見えない



↑↑

これらの症状は、時々現れてはしばらくすると落ち着いて・・・という状態だったので、

病院へ行くほどのことでもなく。



ただ、去年9月ばかりは違いました。



朝起きた時に腹筋に力を入れると、「あれ?腹筋が筋肉痛になるようなことをしたっけ?」という痛み。



それが一週間ほど続いて、手で押すと「いってー!!!」という状態に。

何科へ行けば良いのか分からなかったので、とりあえず近所の内科で相談すると、

CT撮らないと分からないね・・・という話になりました。



そこで、大きな病院の「外科」を受診し、そのままCT検査へ。



結果、「尿膜管遺残症」(お臍のしたに袋状のものが残っている)と診断されました!



私の場合は1泊2日の入院で、めでたく退院となりましたし、おへその傷も

傷らしいものが見あたらないようなくらいです。



以前から悩まされていた症状が現れる不安はもうありません!!





ちょっとしたことだけれど、日常の中で「ちょっとしたこと」が無くなるのは

大切なこと♪

おかげさまで快適なおへそを手に入れることができて、良かったです!



他人のヘソ事情なんて・・・聞きにくいですよね。

もし貴方が、上記のような症状に悩んでいるとしたら・・・尿膜管遺残症かもしれませんヨ!







Kiitos、生後4週頃?のお腹ぽんぽこりんの写真。







読んだよ~のクリック、お願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

にほんブログ村



カウンセリング、レッスンのお問い合わせは → Dog indexのHP からどうぞ!



□■□INDEX■□■□



◆2月の予定



26日(金)13:00~ 関水動物病院パピーパーティー&個別相談会(大和市)

28日(日)12:30~ 西調布犬猫クリニック個別相談会(調布市)



◆3月の予定

13日(日)10:00~ グループレッスン(藤沢市)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dog index Makiko

Author:Dog index Makiko
ドッグトレーナーのMakikoです。
藤沢市、湘南エリアを中心に、「おやつ」を使わない方法で
犬と楽しく暮らすための出張でのドッグトレーニングを行っています。

対応エリア:藤沢・鎌倉・逗子・葉山・茅ヶ崎・平塚・横浜 etc


「イヌと人の笑顔を少しでも増やす!」という目標のために、
バンクーバーへ渡航。
現地のドッグトレーナー養成学校で、「おやつや体罰を使わない」
オーナーさんとイヌの絆をつくる というトレーニング方法を学ぶ。

卒業後はドッグウォーカーや、Dog daycare
(犬の預かり施設)に勤務。
帰国後、動物病院での勤務を経験。
Dog indexドッグトレーナー 神奈川担当として活動中。

関水動物病院(大和市) パピーパーティー
藤沢ゆい動物病院(藤沢市) パピー教室

*動物看護師統一認定機構認定 動物看護師
*愛玩動物飼養管理士
*愛犬飼育管理士

パートナー犬は、2011年生まれのシェルティー。
Kiitos(キートス)♂です。


logo dogindex

trainer_bnr.jpg



BLOG_inu.jpg

いぬの学校