FC2ブログ

記事一覧

【胆嚢摘出手術を受けました】治療記録④サードオピニオン

Dog indexドッグトレーナーのMakikoです。12月というのに、夏日になったり・・・心配になるような気候ですね。かと思えば週末は真冬の寒さになるそうなので、パピーやシニア犬、関節疾患を抱えている犬は要注意です!さて、前回は大学病院を受診する前の「セカンドオピニオン」について書きました。【胆嚢摘出手術を受けました】治療記録③セカンドオピニオン - ドッグトレーナーのブログ "笑顔でKiitos!!”今回は、いよいよ胆...

続きを読む

【胆嚢摘出手術を受けました】治療記録③セカンドオピニオン

Dog indexのMakikoです。前回、胆泥が発覚したところまでをお話しました。【胆嚢摘出手術を受けました】治療の記録②胆泥発覚 - ドッグトレーナーのブログ "笑顔でKiitos!!”その後のキートスは、サプリメントやウルソ(利胆剤)を使いながら、定期的にエコーと血液検査で状況を確認していました。1年ほどはあまり変化がなく過ごしていたのですが、徐々に胆泥の形状が塊になってきたようで、量が増してきました。というのが、...

続きを読む

【胆嚢摘出手術を受けました】治療の記録②胆泥発覚

Dog indexのMakikoです。2018年11月7日に、胆嚢摘出手術を受けたことをご報告しました。今日は、キートスに胆泥があることが分かった時のことです。そもそもの始まりは、キートス1歳の頃。(2012年年末)健康診断の血液検査で、コレステロール(TCHO)の値が高いことが分かっており、とはいえシェルティーという犬種ではさほど珍しいことでもないので、脂質が低めのフードにして過ごしていました。ところが、事件は突然起こったの...

続きを読む

胆嚢摘出手術を受けました

Dog indexのMakikoです。気付けば11月も下旬!「年末」が見えてきて、なんとなく気持ちが急いてきますね。さて、インスタグラムやFacebookページでは書いていましたが、11月7日に、キートスは胆嚢摘出手術を受けました。胆嚢には、胆汁という消化液が溜められていて、食べ物を食べると、それに応じて必要な量を効率よく送り出すための臓器です。(ざっくりな説明ですみません (笑)無くなっても大丈夫ではありますが、無駄な臓器...

続きを読む

胆泥、食糞、炭水化物

Dog indexのMakikoです。最近増えている「胆嚢」疾患。増えているというか、エコーを当てる機会が多いから発見されやすくなっているのだと思いますが・・・・少しでも皆さんへの情報共有になればと思い、Kiitosの経過を記しておきたいと思います。【2014年2月23日】・嘔吐、元気消失・黄疸ALP、GPT、GOT、CRP、TCHO高値(TCHOは前から)エコー検査にて胆泥発見。ウルソとベジタブルサポートファイバーを開始【2014年3月】・TCHO以...

続きを読む

プロフィール

Dog index Makiko

Author:Dog index Makiko
ドッグトレーナーのMakikoです。
藤沢市、湘南エリアを中心に、「おやつ」を使わない方法で
犬と楽しく暮らすための出張でのドッグトレーニングを行っています。

対応エリア:藤沢・鎌倉・逗子・葉山・茅ヶ崎・平塚・横浜 etc


「イヌと人の笑顔を少しでも増やす!」という目標のために、
バンクーバーへ渡航。
現地のドッグトレーナー養成学校で、「おやつや体罰を使わない」
オーナーさんとイヌの絆をつくる というトレーニング方法を学ぶ。

卒業後はドッグウォーカーや、Dog daycare
(犬の預かり施設)に勤務。
帰国後、動物病院での勤務を経験。
Dog indexドッグトレーナー 神奈川担当として活動中。

関水動物病院(大和市) パピーパーティー
藤沢ゆい動物病院(藤沢市) パピー教室

*動物看護師統一認定機構認定 動物看護師
*愛玩動物飼養管理士
*愛犬飼育管理士

パートナー犬は、2011年生まれのシェルティー。
Kiitos(キートス)♂です。


logo dogindex

trainer_bnr.jpg



BLOG_inu.jpg

いぬの学校